【REGZA 55X830】レビューや評価は?メリットデメリットを紹介

商品紹介
悩む男性
REGZAを購入しようか悩む男性

テレビを買い替えたいけどREGZAはいいのかな?

レビューを知りたいな

メリットデメリットも教えてください

 

✔本記事の内容

1、REGZA 55X830の口コミを紹介します

2、もちろんデメリットもあります

3、メリットがたくさんありました

 

2020年、10年ぶりにテレビを新しくして早4ヶ月が経ちました

 

映像、画質本当に綺麗で満足しています

 

デザインに関しても外枠がほぼないのでシンプルに良いです

 

購入したときは衝動買いみたいなところもあったので、口コミやレビューをしっかり見ないで買ってしまったので「あとで後悔しなきゃいいなー」と感じていました

 

自分と同じような人がいるはずなので、メリットデメリットをまとめました

 

東芝【REGZA 55X830】をこれから買おうか悩んでいる人は参考にしてください

スポンサーリンク

【REGZA 55X830】口コミ・レビュー2020年最新

【デザイン】シンプルで無難

【操作性】前から東芝TVを使っているのでなれています

【画質】有機ELの画質は 液晶とは段違い。申し分ありません。液晶では潰れて見えない暗い場面の描写力が格段にアップしました。映画を見る上ではこの点が重要です。 ただし画面が光沢あるので明るい場所では周囲の景色が映り込みます。

【音質】薄型スピーカーなのでそこそこ。私はホームシアター目的での購入で、音声はステレオセットにつないでいるのでこの点は一切考慮しませんでした。

【応答性能】スイッチ入れてから我慢がつくまでややもたつきますが 他は許容範囲内

【機能性】多機能で全部の機能使いこなすのが難しいくらい 画質も徹底的に調整して追い込むことが可能です。

【サイズ】今まで49インチ液晶を使っていましたが、ベゼルが小さいので極端に大きくなった感じはありません。
有機ELパネルの薄さにはびっくり。強度が心配なので転倒防止対策ガッチリ行い、画面フィルターも購入しました。

【総評】BS4K tunerが2機 搭載されている機種の中で最も安かったことが決め手で購入しました。
そうは言っても有機ELは液晶より高額なのは事実。
明るいリビングで大したことない画質の地上波TVをザッピングするような使用なら安い液晶TVで十分でしょう。
暗い部屋でじっくり4k ultra HDの映画を見るのには この上なく適した機種だと思います。

【デザイン】
枠がほとんどなく、やはり有機ELはスタイリッシュ
【操作性】
録画を再生するとき、リモコンのボタンが小さい。他は使いやすい部類
【画質】
映画を見ると有機ELを買ってよかったと思う。ドキュメンタリーも素晴らしい。一方、ドラマは予想したより驚きが少ない。一番驚いたのはアニメ。実写より映像情報が少ない分、効果絶大。4Kの恩恵を感じる
【音質】
中の上。映画はサラウンド、ドキュメントはピュアオーディオで見ることが多いので気にならない。特に音にこだわらなければ、日常遣いではテレビの音で不満はない
【応答性能】
驚きはないが、欠点は感じない
【機能性】
映像は、お任せで問題なし。映画、アニメもあるので、画像設定は十分か。
プラズマ時代を考えて、昼間は液晶に比べ苦しいかと思ったが、意外に健闘。もう少し明るく設定できれば、さらに不満なし【サイズ】
枠がほとんどないので、プラズマに比べ優等生。特に軽さは、さすが有機ELというレベル。55型なら、おじさん1人でも余裕で移動可能だ【総評】
パナ最後のプラズマからの買い替え。液晶は残像があるし、黒が光る時点で論外。4K時代、有機ELが安くなって、やっと買い替えられた。発売1か月後で、ポイントも含め23万円ほど。現状よりは3万円弱高いか。しかし、数か月十分堪能できたので、早めに手を出したことに後悔なし。タイムシフトは東芝の1号機を持っていたが、その後はパナを愛用。正直、パナの方が使いやすいので、東芝のタイムシフトは不要。そこで、このモデルをチョイス。しかし、タイムシフトモデルに比べ、スピーカーがワンランク落ちる。変なところで、差別を付けないでほしいところ。買うにあたって、1か月くらい池袋の量販店で各社のモデルを精査。LGは平均値で価格で勝負。パナはナチュラルで、映画が良さそう。ソニーは万能型で、音が画面から飛び出す面白さがある。東芝は、パナ、ソニーに比べ価格が安い。画像は、少し厚化粧。この色遣いが気に入って、タイムシフトがいらなければ、コスパは国産最強だろう。

【REGZA 55X830】デメリット

どんな商品でもデメリットはあります

 

それを受け入れるか、無理かはあなた次第

 

僕の場合はデメリットもしっかりと受け入れて購入したためとても満足しています

【悪い点】
1.斜め設置はダメ!仕方なく後ろに板を引いて垂直にした。せめて調整可能に。
2.配線位置に工夫を。
電源ケーブル差し込み位置が裏から見て極端に左端、一方アンテナやHDMIは右端、そしてその配線を中央にまとめてカバーをかけるようになっているが、中央経由で壁や機器に配線するので、ケーブル長がその分短くなる。
加えて、いずれの配線もテレビの左右方向から差し込むのでケーブルが折り返しとなり、さらにケーブル長が足りなくなる。
DIGAから取るアンテナケーブルがギリギリとなり、仕方なく買い替えた。
薄型にしたいのは分かるが、中央近くの配線も十分可能と思われる。
3.音質はこの手のテレビには言っても仕方がないレベル。サウンドシステムが必須。ソニーのアナログフルハイの音は素晴らしかった。
4.アナ→デジで反応の遅さに驚いたが、これはさらに遅い。
5.リモコンがイマイチ。ミュートをよく使うので右上の画面表示ボタンと入れ替えて欲しい。画面表示なんぞめったに使わん。
有機EL画面の奇麗さはさすがですが、部屋の照明を落とし暗い環境での視聴に適しています。
リビング明るい部屋では部屋の様子がテレビに映り込み自分の顔まで映っています。
特に、暗い映画の鑑賞では黒い画面の自分の顔にピントが合って映画に集中できなくなります。
夜の視聴でも照明器具の明かりが画面に映り込みます。
テレビの向きを左右上下にずらして調整し斜めから視聴しています
リモコンの音声とチャンネルのボタンが左右逆のほうが良いのでは!左利き用のリモコンですね。

利用しているときの消費電力について

REGZA 55X830の利用しているときの消費電力は355 Wです。平均的なテレビよりREGZA 55X830の利用しているときの消費電力はかなり大きい部類に分けられる利用しているときの消費電力です。電気料金が気になり付けっぱなしにできない点でREGZA 55X830は良くないでしょう。夜寝る時につけっぱなしにするのにREGZA 55X830はとても不向きです。あまり利用しているときの消費電力に関心がない人でもストレスを感じるかもしれないため一つ上を検討をお勧めします。

【REGZA 55X830】メリット

【良い点】
1.コスパ(現時点で)
2.量販店で見比べた結果一番落ち着きのある色合い。(標準モードで比較)
3.ベゼルのある50インチのプラズマと縦横サイズがほぼ同じ。
4.動きの速いシーンでも違和感がない。
5.パナのDIGAやシアターシステムとの連動も問題ない。DIGAの録画一覧ボタンを押すと、DIGA、REGZA、シアターが連動してオンとなり、画面には録画一覧が表示。(世間では当たり前なんだろうけど)
6.妻が不在だったが、20kg程度なので一人で設置できた。さすがにVIERAは前日妻と運んだが。
7.アップデートでAmazonプライム対応。ネット配信であそこまで高画質とは時代が変わった。
8.4Kテレビが暗い(チューナーなし?)という問題があったらしいが、これは全く関係なく明るすぎるくらい。
顔のしわまでくっきり影の付き具合液晶にないものですね。
物体を映し出す表現力抜群です。みずみずしい映像、立体感
抜群です。今までのプラズマから格段の進歩に驚きです。
シャツのしわ、柄、までも驚きの世界です。

まとめ

いかがでしたでしょうか

 

購入を考えている人はしっかりとデメリットを見て納得してから購入してください

 

決して安い買い物ではないし、購入後「やっぱり、やーめた」は無理です

 

今回口コミをまとめた感想としては全体的に評価が高かったです

デメリットもありますが、それ以上に性能が良いということだと思います

 

良い買い物をする参考にしてください

 

REGZAの関連記事はこちらにもあります

【REGZA 55X830】子供のいる家庭には不向き10年ぶりに買い替えたテレビ
55インチのTVを購入 高画質、高音質、素晴らしい けど画面が薄く子供の家庭には何かしらの対策が必要だなと感じました そう感じた内容を記事にしましたので気になる方は是非みてください

 

最後まで見てくださりありがとうございました